World Food Programme

BALENCIAGAは、新しいコレクションで国際連合世界食糧計画(World Food Programme/WFP)の支援を続けます

Balenciagaは2018年にWFPとパートナーシップを結び、最近急増している世界的な飢餓問題への関心を呼び掛け、2030年までに飢餓を根絶するための世界的な取り組みを支援しています。 今年、私たちは新しいコラボレーションで引き続き資金調達を行い、認知度の向上に努めていきます。

Balenciagaと人道及び開発機関との最初の共同事業は、WFPのロゴと「Saving Lives, Changing Lives」(生命を救い、人生を変える)というスローガンをあしらった一連のアイテムの発表でした。衣料品はWFPの情報付きで販売され、売り上げによる収益の一部はWFPに寄付されました。

2019年12月より、Balenciagaはウェアとアクセサリーの新しいラインで引き続きWFPのミッションをサポートしていきます。 これまでのコラボレーションの成功により、WFPの最大のニーズを支える資金を提供し、世界中の恵まれないコミュニティの飢餓と栄養失調の緩和に役立てることができました。 新しいコレクションは、そのニーズの大きなあらゆる場所でWFPの認知度を高めサポートを続けていきます。また、Balenciagaは各商品の収益からこれまでの2倍の20%をWFPに寄付します。

コレクションにはソックス、ハット、スカーフ、パンツ、レインコート、ブラウス、フーディーや、ユニセックスのバッグなど、Balenciagaの人気アイテムを新デザイン、多色展開で揃えました。 WFPの公式ロゴや、BalenciagaとWFPのロゴによるパターンをシグネチャーの斜めストライプにあしらった商品などもあります。

この新しいコレクションは、WFPのメッセージをブランドのオリジナルデザインと一つにすることで、WFPの目標へのBalenciagaの取り組みを強調するものです。 商品は、2019年12月より実店舗およびオンラインショップで全世界に向け販売されます。

国際連合世界食糧計画について

持続可能な開発を通じて危機にある生命を救い、多くの人々の人生を変える国際連合世界食糧計画(World Food Programme/WFP)。 WFPは世界80か国以上で活動し、紛争や災害に巻き込まれた人々に食糧を供給し、より良い未来のための基盤を築きます。